運営者の『気持ち』が伝わる
ホームページを制作します。
TEC DESIGN G.K.
  • アーカイブ
  • ブログカテゴリ
    過去の記事

HP制作会社の選び方

Home » HP制作会社の選び方

はじめての方へ 業者選びで失敗しないための豆知識をご紹介します。

見積依頼をしてすぐに答えが出る会社には注意が必要!

現代の企業や店舗など事業者が求める、ホームページに対する目的や要望は多様化しています。


キチンとしたヒアリングをして、お客様がホームページに求める要望を理解しなくては、制作会社として役に立つことは出来ません。

金額を聞いて、たいしたヒアリングもなく『20万円です!』とか『10万円です!』いうような会社は避けておいたほうが無難でしょう。


専門業者を選びましょう!

事業用のホームページを制作するには、専門的な幅広い知識が必要不可欠です。紙媒体専門のデザイン会社や、印刷をメインにしている会社は、外注出しになる確立が多く、結果的にコストも割高になるケースが多くなります。


ホームページ制作は専門業者もしくは専門のスタッフを抱えた業者を選びましょう。


なんでも言うことを聞く会社は×!

ホームページをビジネスに活用するためには、ちょっとした設計思想の読み違いで、うまくいくものも、うまく行かなくなってしまうケースがよく有ります。


ですから、具体的過ぎるお客様のご要望がかえって、目的達成の障害になることもあるのです。

こういった場合にその間違いを指摘し、きちんと機能する代変え案を提案出来る制作者を探しましょう。


マーケティングに詳しい制作会社を探しましょう!

ホームページを公開するにあたり一番多い目的は、『新規客の獲得』です 。効率よく新規客を獲得し、リピーター化することが出来れば、その商売は永続的に繁栄を続けていくことになるでしょう。


そして、どんなビジネスもそれが商売である以上、『競争原理』が作用されることになります。
この『競争原理』に打ち勝つには『戦略』が必要不可欠で、ホームページもまた例外ではありません。


数年間の実績をみて作品にまったく進化がみられない業者は×!

インターネットを媒介として情報発信するホームページは、テクノロジーの進化やインフラ(回線速度の設備や制度など)の影響を受けやすいため、結果として、ものすごいスピードで変化しバージョンアップし続けています。


当然ながら、10年前・5年前と現在とでは、サイトの作り方(ソースの書き方やシステム構成の仕方)や、デザインの仕方(現時点で一番普及しているPCに最適化したり、新しい流行を取り入れること) が全く異なります。


過去の実績を見て、まったく進化した形跡がみられない業者は、勉強不足と言えますし、そもそも良いものを作る意志がないと判断出来ますので避けた方が無難でしょう。


総合力のある制作会社を選びましょう!

ホームページは、『見る側』と『発信する側』の両側から見て、使いやすくなくてはなりません。


また、『デザイン(見た目のよさ)』 『プログラム(機能面の充実度)』『コピーライティング(文章力)』など、総合的な制作能力が必要で、どれがかけても良い結果は期待できません。

そしてもちろん、お客様の目的や希望を汲み取り、それを新しいホームページの細部にまで行き渡らせる能力もまた必要不可欠です。


総合力がない制作会社は、外注依存度が高いため「ちょっとした仕様変更」で大幅な追加料金を請求されたり、酷い業者だと対応不可と勝手に判断されて連絡が取れなくなるようなケースもあるようです。


デザインだけが得意な会社、プログラムだけが得意な会社、営業だけがうまい会社は避け、総合力のある会社を選びましょう。

もっと詳しくお読みになりたい場合は次のページへどうぞ。

ホームページ制作に関するよくある質問と回答

テックデザインのホームページ作成サービスでは、公開前に新しいホームページを当社の開発環境上に設置した校正用URLにて確認していただいております。

完成形を確認していただき、気になる点や情報として間違っている箇所などを修正したのちに公開という流れになります。

公開前でしたら、ページの写真や文章の変更も可能ですので、遠慮なく申し付けください。

また、公開後1ヶ月以内でれば、小さな修正を無償で行っておりますので、どうぞご安心ください。

TEC-Dのホームページ作成サービスでは、ご発注内容が以下に該当する場合にはお請け出来ませんので、予めご了承くださいますようお願いいたします。

  • 犯罪に関わる内容のホームページ
  • 反社会勢力の関わる団体・会社
  • 成人向け、出会い系、カルト宗教
  • その他、公序良俗に反するホームページ

ホームページを事業に活用するには、

『適切なキーワードで検索エンジンの上位に表示される』ことが必要不可欠で、そのためにおこなう『SEO対策』がとても重要です。

他社のホームページ制作会社などではこの一連の作業をオプションとして別途請求することが多い様ですが、

テックデザインのホームページ作成サービスでは、ホームページをしっかりと活用していただき、成果を出していただきたいという思いから、ホームページ制作の基本プランの中に予めこの標準SEO対策を組み込んでおります。


ご希望に応じて、競争力の激しいキーワード(『ビッグキーワード』とも言います)での上位表示を狙ったSEO対策を有償で承ることももちろん可能ですので、どうぞご安心ください。

ホームページの立ち上げに限らず、新しいことを始める時って、

不安のせいで、いろいろマイナス面を考えてしまいがちですよね。

テックデザインにホームページ作成サービスをご依頼いただいたお客さまのうち、やはり多くの方々が、最初に問合せる時にいちばん勇気が必要だったと感じていらっしゃるようです。


それから、

申し込む前にたくさん資料を用意しておかないと!

とか、

ページの構成を自分で考えておかないと!

とか身構えて、なかなか一歩を踏み出せない方もいらっしゃるようです。


でも、どうか、ご安心ください。


テックデザインのホームページ作成サービスでは、パンフや資料がまったくない状態でも、これまでたくさんのホームページを制作してきました。

もちろん、お客さまにもたくさんご協力いただくことはあるかもしれませんが、基本的には紹介文やキャッチコピーなどもお客さまに変わって、テックデザインが作成しておりますので、実際は、それほど深く考えずともホームページ制作は進められます。


どうか気構えず、まずはお気軽に相談してみていただければ幸いです。

最新情報の掲載はホームページの活用には欠かせません。 テックデザインのホームページ作成サービスでは、お客様ご自身が費用を気にせずに、新着情報やブログ日記・商品情報など、部分コンテンツをご自分で更新できる『新着更新システム』や『CMS(コンテンツマネージメントシステム)』を提供しています。

実際テックデザインでウェブ制作をご依頼いただいた多くのクライアント様が、日々、ご自身でオフィスやお店から世界に向けて情報を発信していらっしゃいます。

その多くのご担当者さまが、Eメールのやりとりが出来る程度のパソコンスキルで運営を始めました。   ぜひ、あなたも『ホームページで世界に向けて情報発信する』という醍醐味を味わっていただければ幸いです。

以下の動画で、TEC-Dのホームページ作成サービスにて、標準で付いている更新システムへの新着情報やブログを投稿する手順をガイドしておりますので、よろしければチェックしていただければと思います。

テックデザインのホームページ作成サービスは、中堅〜大手の制作会社さんのように、担当営業やデザイナー・コピーライター・HTMLコーダー(WEBオペレータ)・プログラマーといった担当分けをして業務を行なっている訳ではありません。


ひとつの案件に対して『企画・デザイン』から『HTMLコーディング』、『文章作成(コピーライティング)』、『ウェブシステムプログラミング』まで、もちろん『打合せや見積り算出』も含めて、そのすべての作業を幅広い知識と技術を持った、経験豊富な一人の担当者が行なっており、実際に制作にかかる時間や難易度などから価格を設定しているため内容の充実度の割に他社と比較してもお安い金額となっております。


また、特殊なホームページでない限り、ウェブデザイン会社でも最もコストのかかるウェブシステム(プログラミング)などに外注業者を使わず、自社制作プログラムまたは、オープンソースプログラムを利用していることも、コストパフォーマンスの良い要因となっています。

ご安心ください。

Eメールやお電話でやりとり出来る環境さえあれば大丈夫です。


実際、テックデザインのホームページ作成サービスでも、周南市・下松市・光市・防府市など山口県内に限らず、西は九州から東は関東エリアまで、全国からのお問合せやご発注をいただくケースが増えて来ました。


現在では通信手段の発達によって、情報のやり取りに制約が少なく、特にWEB上で公開するHPでは、Eメールやお電話だけのやり取りで解決できるようになりましたので、県内外を問わずどうぞご安心してご相談ください。


まずはお気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

ホームページの利用価値については、24時間年中無休の対応で、呼び出せばすぐに何百人もの見込み客に対応できるスーパー営業マンという位置づけがわかりやすいかと思います。


大きい小さいに関わらず商売に『競争原理』が作用する以上、事業で継続的に利益を出 し続けるために、このスーパー営業マンを持つと持たないでは、事業者にとって大きな違いがあるんですね。


また、顧客に対してもそうですが、対外的に企業の印象を最初にホームページで判断する傾向が主流になって来ているという事実もあり、素人の方が作成したホームページではマイナスイメージを与えることも多く、私達のようなプロの制作会社を利用していただける機会が増えているのではないかと感じています。

ホームページを立ち上げること自体は『初めの一歩』にすぎません。よくホームページを開くと『何年も更新した気配を感じられないサイト』をよく見かけませんか?
テックデザインでは、そういったホームページを『仮死状態のサイト』と呼んでいます。


なぜかというと、『プル型広告(お客様側が自ら探して来られる形式の広告)』の分類に属するホームページで、いつ頃書かれたかも分からないような情報を本気で読んでいただけるはずがないし、成果に結びつく確立も当然下がると考えるからです。


そして、自らが手がけさせていただいたホームページが積極的に活用され、世界に向けて情報発信されて、人と人との繋がりを生んでいくということはテックデザイン自身の願いでもあり、喜びでもあります。


ですから、出来る限りのサポートを心がけています。

当たり前の話しですね。


また、非公開のユーザー専用サイトを立ち上げて、ユーザーさま同士の情報共有も推進しているほか、更新業務についてもご相談承っておりますので、お気軽にご相談下さい。

他社のサービスでは、ホームページ上で表示するテキスト原稿や写真素材などを、お客様側で準備することが前提となっている事が多いようですが、

当社では取材を元に原稿作成から代行させていただいております(もちろんお客様側で原稿を用意されても問題有りません)。