“デザインカプチーノ”だそうです

なんでもキャンバスになるもんですね。

それにしても儚い芸術だぁ。

以前このブログで紹介した『砂絵』もそうですが、

その儚さが良かったりするんでしょうね。

考えてみると、人生も『今』という儚い瞬間の連続ですから、

そういったところに、言い知れぬ深い感動を覚えるのかもしれません。

そういえば前に読んだ本にこんな言葉があったのを思い出した。

「ズバリ、人生とは何でしょうか?」

「人生とは、今、君の目の前に広がっている世界だ。それ以外の何ものでもないのさ」

ついつい、過去や未来ばかりに気をとらわれて生きてしまう僕らですが、

今この瞬間を精一杯生きるということは、実はなによりも大切なことなのかもしれませんね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。