iPhone4

16日にWEBで予約したiPhone4が昨日ようやく手に入った。
(追記:ちなみにネット予約で受付番号は84000番台。本申し込み依頼のメールは7月1日に着信した。)

まだ手にして24時間も経っていないが、『iPhone開封の儀』という感じでレビューをしてみようかと。

これまで、Apple製品はすべてヤマト運輸だったのだが、今回の宅配業者は佐川急便だった。
でもよく考えたら、AppleじゃなくSoftBankからの購入だから違ってあたりまえですね。

外箱のふたを開けたところ

外箱から出したところ。

iPhone3Gの時よりグッと小さいエコパッケージとなった。

大きさを比較するため、iPhone3Gと並べてみる。

内箱のふたを開けたところ。

同梱されているのは、

  1. いつものAppleステッカー
  2. マニュアル
  3. シムピンの小箱とその中に入ったシムカード
  4. 後はヘッドホンと充電接続ケーブル

かなり窮屈に入っているので、限界まで箱を小さくした感。
前回iPhone3Gの時に入っていた、画面拭きようのちいさなクロスが入っていなかったのは少し残念。
表面のコーティング処理で、以前より汚れにくくなったということで省かれたのだろうか?

iPhone3Gと並べてみる。

ちなみに左がiPhone4。

裏面の比較。

なんだか4の方が存在感がある感じがするのは、気のせいだろうか?

アップの写真。

BLACKなのでひときわAppleマークが目立つ。
また、大きくなったカメラレンズがシャープな印象を際立たせている。

電源を入れてはじめて起動させたところ。

起動が終わると、『iTunes』に繋いでくれと催促される。

試しにスライドさせると、Emergency Callのモードになった(汗)。

まぁ繋ぎますよね、普通(笑)。

旧iPhoneから設定を引き継ぐかの選択画面。

今回、あえて新規で登録することにした。

動機モードに入る。

そんなこんなで、とりあえず使える状態になった。

第一印象としては、どうしてもiPhone3Gとの比較になってしまうが、前デザインよりも薄くフラットになったことで、最初持った時少し違和感を感じるのだけど、すぐに手になじんでくる。

また、横幅がわずかにスリムになったことでホールド感が増し、長時間持っていても以前より疲れにくくなったと感じた。
特に手の小さな女性には良いのではないだろうか。

そして、最初に誰もが感じるであろう、iPhone4の最大の特徴であるRetinaディスプレイ。
写真や動画、何を見ても鮮明で美しい。特に文字の鮮明さは一目瞭然で、長時間小さな文章を読んでいても疲れにくい。

Retinaディスプレイの美しさを言葉で表現するのは難しいが、本当に印刷した紙が貼ってあるように見えるくらい綺麗だ。

 

というわけで、今回はファーストインプレッションレビューとしてここまでにして、次回は実際の使用感などをレビューしてみたいと思います。

2 COMMENTS

kura

うぉ〜っ” やって来ましたね〜!
次のインプレッションも待っていますよ〜。

こちらも、火曜日着の予定になりました!
今から楽しみですw。

返信する
tano

kuraさん、
コメントありがとうございます。
そちらも火曜日でiPhoneデビューとのことで良かったですね!
今回のiPhone4も感動でしたが、2年前の初めてのiPhone体験には及びません。
これからそれが体験出来るなんて、ある意味うらやましいですよ〜(笑)。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。