いまドキのMac生活

気がつけば1月も終わりですねぇ。

今さらですが、本年もよろしくですー。

でなんとなく、新しい年の2012年について思いを馳せていたら突然、

 

『トライアンドビルド』

 

という言葉がとつぜん降りてきた。

なんとなく、響きが良くないですか?

 

『トライ&ビルド』

 

と書いてもいいかも。

造語ですけど、なんか前向き系(笑

 

いえいえ、何ごとも『それは無理だろ!』でなく、

『案外出来るかも〜』『やってみなきゃ分からんさ』的な発想で、

失敗を恐れずトライし、建設的な毎日をこころがける方向で行こうぜ!という素敵な言葉なのですよ。ふふふ。

 

とまぁ、そんな年始ブログのお約束はさておき、

年末から年始めにかけて、制作環境を一新したことで気付いたことなんかを書いてみる。

随分前に(かれこれ7年ぐらい前かな)、まだ開業して間もなく印刷業を主体として活動していた頃、頭の中で描いていたイメージの中に

『どこにいても仕事が出来るようなビジネススタイルを構築したい』

という想いがあって、その為に何が必要なのかという事をテーマのひとつにしていたんですよね。

それで、3年位前から1台のMacBookをメインマシンとして、オフィスでは大画面モニターに繋いで、外出や遠出の時はそのままMacBookを持ち出して、出先でもオフィスにいるのと近いような仕事が出来る、という状態を目標にしていたのですが、どうしてもノートはストレージやらパフォーマンスの問題があったり、モニターからケーブルを抜く度にデスクトップの配置が変わって戻すのが面倒だったりといった問題があり、このあたりを解決するべくその後も方向性を探っていました。

 

それで今回、Mac使いとしてはiCloudのリリースもあり、その他にもクラウド系のサービスがかなり充実してきたと言うことで、数年前では出来なかった『データ同期』を駆使した制作環境を再構築しようと企んだわけです。

んでもって、年末にiMacの27inchを導入しまして、MacBookとの2台持ち + iPad + iPhoneという構成で仕事をこなして行こうということになったんですな。

 

今回、導入を検討したサービスは以下の3つ

  • iCloud
  • DropBox
  • SugarSync

気持ち的には、世間一般のMac使いもたぶん同じかとは思いますが、Appleブランドに対して強固な信頼性を感じていまして、願わくばすべてをiCloudでやろうと思っていました。

もちろん、iCloudはすでに契約済みでSafari同期(ブックマーク設定を他の端末間で同期して、いつも最新の状態に出来る機能)もiCloudリリース後すぐ使いはじめていましたが、Macのライブラリフォルダにある、MobileDocumentにデータを放り込んで同期するデータ同期を使いたいと思い、試行錯誤していたんですね。

これが使えれば100GB位にアップグレードして、編集中の書類をぜーんぶこれにぶっこんで置けば、2台のMacと2台のiOSで編集や閲覧が出来るかなと。

ところが、実際にファイル編集のテストを行ってみるにつけ、同期のタイミングの遅さや、その経過具合をチェックするための視認性が実用性に耐えられないとの判断にいたり程なく却下。その後、噂のSugarSyncも試したところ若干使い勝手が悪い(データ同期すると双方のフォルダ内に 「ファイル名(from~iMac)」というフォルダが生成されるところが特に嫌い)ということで、最終的にこれまで使っていたDropBoxの無料版2GBを有料版の50GBに拡張してデータ同期するという方向で落ち着いた訳です。

やっぱり、データ同期のスタンダードはコレですな!

実際に使い始めると、当初は大容量になると同期作業自体がMacのパフォーマンスに影響を与えるのではないかとか、深い階層の同期は大丈夫かなど懸念材料もあったのですが、まったく意識する必要なく、もの凄く便利になることが分かりました。

あー、そうそう、こんな感じにしたかったのよ〜俺!的な感じですww

それに副産物として、iPhoneやiPadのDropBoxアプリは、クラウドストレージ上のデータに直接アクセスして情報を取り出す仕様のため、実質的な容量が50GBほど増えたのと同じような感覚になるとう事も新たに認識できました。

別に制作屋でなくとも、すごい便利ですよね、これ。

おすすめです。

そういえば今回、Magic Trackpadも一緒に購入したんですが、Lion × Magic Trackpadの組み合わせにもすっかり魅せられてしまいました。

まぁ、MacBookもLion入れてあるので、2本指スワイプやピンチZOOMはこれまでも普通に使っていたんですが、Magic Trackpadの導入で改めて使い方をチェックしていたところ、これまでウィンドウとかを移動するのに『掴む動作』をダブルタップでやっていたんですが、Lionからの設定で『3本指』で掴みが出来ることを初めて知りまして(というかみんな知ってるんだろうか?)、この使い勝手の良さにものすごく感動したんですね。

これはもう、マウス要らないかもというレベルまで来てる位です。

あと、テキストを選択して3本指のダブルタップで、辞書検索の結果を表示出来たりとかも結構気に入っています。
自分のように案外知らなかったひとも多いかもしれませんので、ぜひ試してみてください。