ビジネスブログで創るホームページ

2006年3月末発表の総務省データによると、日本のブログおよびソーシャルネットワーキングサイト(SNS)の登録者数は1584万人(内ブログが868万人、SNSが716万人)に上るそうです。

2005年9月末発表の登録者数は872万人(内ブログが473万人、SNSが399万人)だったということで、日本のブロガー人口はまだまだ増加傾向にあるようですね。

最近では、ミニログやプロフサイトやなんかの流行もありますから、今年度は更に増加しているのではないでしょうか。
ブログもSNSもミニログも特定のコンテンツを専用の管理画面から更新するという意味では、一種の『CMS』になりますから、日本のPCユーザーのスキルがどんどん向上しているという事にもなるのでしょう。
もちろん、管理投稿システムのユーザビリティの進化も特筆すべきかと思います。

ホームページ制作屋としてはこういったインターネットを利用した情報発信が活発化することはとても嬉しい限りですね 😉

ところで、当社テックデザインコミュニケーションズでも、この度ブログシステムを利用したサイト構築に対応しました。
何度か顧客から問い合わせをいただいていたので、以前から課題として取り組んでいたのですが、ようやくこの度、対応することができました。

制作例はこちら>>

「Word Press」というのは、 MovableTypeと並んで世界で最も利用されているオープンソースのブログシステムで、特徴としては、

◎固定ページの作成が可能
◎動的に時系列のページ生成が可能
◎商用でもライセンスフリーで運営可
◎機能拡張モジュール(プラグイン)が豊富

などが上げられます。
通常、ブログシステムはもともと日記を作成&投稿するためのシステムなので、投稿した記事は全て時系列(新しい順)で表示されています。ところが、この「Word Press」には静的な固定ページの作成機能が予め付いているので、ホームページとして利用するのにとても適していると言えるのです。
他にもワードやエクセルの様なOfficeライクな投稿画面や、PDFやエクセルファイルのアップロード及びダウンロードリンク作成など、表現力豊かなサイト作成機能は、事業体の情報発信にとても強力なツールとなることでしょう。

例えば文字を装飾したり

▼表組みレイアウトを作成したり

商品名 料 金
商品1 10000円
商品2 20000円

▼ダウンロードリンクを貼り付けたり
PDFファイルダウンロード

▼デジカメなどで撮影した画像を貼り付けたり(これは編集画面のショットです)

といった、通常ホームページで情報を発信するために必要な編集機能は充実しています。
ちなみにこのブログも「Word Press」で投稿しているものです。

テックデザインコミュニケーションズでは新規立ち上げのビジネスブログによるCMSサイト構築は勿論、現行サイトのビジネスブログによるCMS化リニューアルもお受けいたします。
詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。