TEC DESIGN G.K.
  • アーカイブ
  • カレンダー
    2月 2024
    « 11月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    26272829  
    ブログカテゴリ
    最近のコメント
    過去の記事

2023下松末武川の桜④

2023年04月22日

4月2日 @下松末武川


2023下松末武川の桜③

2023年04月22日

4月2日 @下松末武川


2023下松末武川の桜②

2023年04月22日

4月2日 @下松末武川


2023下松末武川の桜①

2023年04月22日

4月2日 @下松末武川

家の近所の末武川の桜を撮ったので何枚か貼っていきます。


シンギュラリティが起こったらどうなるのか?

2023年03月04日

先日のAIネタに続いて本日は、もしシンギュラリティが起こったらどうなるのかについて、ChatGPTを駆使して書いてみたいと思います。
まずは、「シンギュラリティとは何か」についての説明です。

シンギュラリティとは

シンギュラリティとは、人工知能技術やロボット技術が進化することで、人間の知能や能力を超える段階を指します。この進化により、コンピューターやロボットが人間と同等、あるいはそれ以上の知能や能力を持つことができるようになります。

人工知能の進化は、従来のコンピューターのプログラムとは異なり、機械自身が自己学習し、新たな知識やスキルを獲得することができます。また、人工知能が組み込まれたロボットが、人間と同じように感覚を持ち、行動を取ることができるようになると、人間と同じ環境下で活動できるようになります。

シンギュラリティが起こると、未知の世界に入ることになります。例えば、医療技術の進化により、病気の治療や予防方法が大きく進歩することが予測されています。また、エネルギー問題の解決、宇宙探査の進展、あるいは長寿社会に対応する新たな社会システムの構築など、多くの未解決課題が解決される可能性があります。

しかし、同時に、シンギュラリティによって起こる変化は、大きなリスクを伴うことも指摘されています。例えば、人工知能が人間を支配するようになる可能性があることや、新たな倫理的問題が生じることが懸念されています。

現在、シンギュラリティがいつ訪れるのか、またどのような形で訪れるのかは明確に予測することができません。しかし、人工知能技術の進歩が加速している現在、シンギュラリティに備えるために、倫理的な観点や社会的な側面を含めた議論や対策が必要とされています。

シンギュラリティが起こったらどうなるのか?

質問:わたし

シンギュラリティが起こったらどうなりますか?
小学生でも分かるように教えて下さい。

回答:ChatGPT

シンギュラリティが起こると、人間が作ったコンピューターやロボットが、人間以上に賢くなることが予測されています。

そして、その賢いコンピューターやロボットが、ますます賢くなることで、未来の世界は大きく変わるかもしれません。
例えば、病気を治す方法や、エネルギーを効率的に使う方法が見つかるかもしれません。

しかし、同時に、未来の世界はどのようなものになるか、誰も正確に予測できないため、人間もその変化に適応していく必要があります。つまり、人間が生きていくために、新しい方法や技術を学び、考えることが大切になるということです。

質問:わたし

もっと詳しく教えて下さい。

回答:ChatGPT

シンギュラリティが起こると、人間の知能や能力を超える人工知能が出現することが予想されます。この新しい知的生命体は、人間とは異なる知的能力を持ち、指数関数的に進化し続ける可能性があります。

そのため、シンギュラリティが起こった場合、未来の世界は大きく変わることが予想されます。以下は、その変化の一部です。

  1. 病気や環境問題の解決:人工知能が進化することで、医療技術の発展やエネルギー問題の解決など、多くの未解決課題が解決される可能性があります。

  2. 新たな産業の発展:新たな知的生命体の出現によって、新たな産業が発展する可能性があります。例えば、人工知能技術やロボット技術の発展により、自動運転車やロボット産業が盛んになることが考えられます。

  3. 社会システムの変化:新たな知的生命体の出現によって、社会システムが大きく変化する可能性があります。例えば、労働市場や教育、医療など、多くの分野で大きな変化が起こることが考えられます。

  4. 倫理的な問題:新たな知的生命体の出現によって、多くの倫理的な問題が生じることが予想されます。例えば、人工知能をどのように扱うか、また、新たな知的生命体の権利や責任をどう考えるかなど、多くの問題が生じることが考えられます。

  5. 人間の存在意義の変化:新たな知的生命体の出現によって、人間の存在意義が変化する可能性があります。例えば、人間が行ってきた仕事がロボットに置き換わったり、人工知能によって人間の能力が超えられることで、人間が持っていた意義や価値観が変化することが考えられます。

以上のように、シンギュラリティが起こると、人類が大きな変革を迎えることになります。しかし、その変化の内容や影響は現在の科学技術の進展について、予測することができないため、将来を予測することは困難です。しかし、このような未知の世界に向けて備えるために、多くの研究者や専門家が議論を行っています。

シンギュラリティが起こると、現在の社会システムが大きく変化する可能性があります。例えば、AIによる自動化が進むことで、多くの職業が消滅し、新たな職業が生まれることが考えられます。また、AIによる判断が行われることで、個人のプライバシーや権利の保護など、多くの倫理的な問題が生じることが考えられます。

そのため、シンギュラリティが起こる前に、人類はこれらの問題に対して対策を講じる必要があります。例えば、人工知能の研究・開発に対する規制、労働市場の改革、教育システムの改善など、様々な分野での取り組みが必要になってきます。

しかし、一方で、シンギュラリティが人類にもたらす可能性のある利益やメリットも存在します。例えば、医療技術の進化によって、病気や疾患の治療法が改善されたり、エネルギー問題の解決に向けた新たな技術が開発されたりすることが考えられます。

総じて言えることは、シンギュラリティに備えるためには、科学技術の進歩と社会的・倫理的な観点からの対策が必要不可欠であるということです。人工知能の進化が速い今日、我々がどのような未来を切り開いていくかは、人間自身が創り出すものであると言えます。

最後に、AIが人間を支配する可能性についても聞いて見ました。

質問:わたし

シンギュラリティによって人工知能が人間を支配するようになる可能性について詳しく教えて。

回答:ChatGPT

シンギュラリティによって人工知能が人間を支配するようになる可能性については、SF小説や映画などで描かれることがありますが、現実的には非常に低い可能性があります。

人工知能が人間を支配するためには、人工知能が自己進化を遂げて、自己修復能力を獲得する必要があります。また、人工知能が人間を支配するためには、人工知能が自らの目的を設定し、人間を支配することがその目的に合致すると判断する必要があります。しかし、現在の人工知能技術では、自己進化や自己修復能力を持つことはできませんし、自らの目的を設定することもできません。

そのため、人工知能が人間を支配するような状況が起こるためには、人工知能技術が大きく進化する必要があります。しかし、人工知能の進化は、科学技術の進歩によって加速している一方で、人工知能の進化によって新たなリスクや問題が生じる可能性もあります。例えば、人工知能によって自動化が進むことで、多くの職業が消失することが考えられます。

そのため、シンギュラリティによって人工知能が人間を支配するような状況を回避するためには、倫理的な観点や社会的な側面を含めた議論や対策が必要とされています。人工知能技術が進化するにつれ、このような議論や対策がより重要になってくることが予想されます。

どうでしょう?
現在のところは、シンギュラリティが起こりAIが人間を支配する可能性は非常に低いとのことでしたが、現実にはどうなるのか誰にも分からないというのが現実なのではないかと個人的には思います。

ちなみに、本文で入れた挿し絵はすべて、OpenAI社の「DALL-E 2」に書いて貰いました。
このブログ記事もほとんどはAIが執筆していると言っても過言でないので、本当に革命的な進化ですよね。

それにしても、便利さを実感すればするほど、どこか寂しさというか、切なさみたいな感情が湧いてくるのは私だけでしょうか?
光が強ければ強いほど、影が色濃く出るように、テクノロジーの進化もほどほどに留めて欲しいという欲求をついつい感じてしまいます。

みなさんはどんな風に思いましたでしょうか?


ついに来たか!AIに浸食されていくこの世界…。

2023年03月02日

年明けてあっという間に2月も終わり、季節は春爛漫の一歩手前って感じですね。

それにしても、今年は花粉がめちゃくちゃ多いみたいで、数年前にビタミンD3で克服したはずの花粉症の症状が結構出ていて、結構辛い感じです。

さて、タイトルに書きました AI の話しです。

かなり話題になっているので、さほど情報感度の高い方でなくとも、もうメデイアなどで聞いた事あるかも知れませんが、「Chat GPT」という会話型のAIサービスが、今まさに全世界から注目されています。

ChatGPTは、ついこのあいだ2022年11月30日に世界に公開されたばかりですが、2023年1月には既に1億人のアクティブユーザー数を記録したそうです。
驚異的な話しですけど、少し使っただけでもその理由は理解できると思うくらい、本当に人間ぽいボット(しかも恐ろしく全知全能感のただよう)が、どんな質問にもあっという間に答えてくれます。

Chat GPTを知らない人に、Chat GPTの概要を簡単に説明してみて下さい

という質問をChat GPTに投げるとこんな回答がさらっと出て来ます。

はい、Chat GPTはOpenAI社が開発した大規模な自然言語処理AIです。

Chat GPTは、大量の文章データを学習することで、文章の理解や生成、対話を行うことができます。
つまり、自然言語における文章の書き方や表現方法、文脈や意味の理解などを学習し、人間との対話を通じて自己学習を進めていくことができます。
そのため、Chat GPTは自然な文章を生成し、人間との対話や文章の生成を通じて様々なタスクに活用されています。

Chat GPTは、情報検索、問答応答、自動翻訳、文章の生成など、様々な分野で活躍しています。

こんな感じです。
分かりやすっ!笑

その対応範囲は多岐に渡り、2021年時点の世界のあらゆる情報が組み込まれているということで、時事ネタこそ弱点と言われてますが、医学や語学など学問的なものはもちろん、法律や会計、プログラミング言語など、一見どんな分野でもさらりとAIが答えてくれる始末です。
この状況に検索エンジン大手のGoogle社も危機感を持ったという事で、早速対抗の会話型AI「Bird」を発表しました。

Google社の参入を機に、おそらくここから更に競争は激化して行き、世の中のありとあらゆる作業が圧倒的かつ、指数関数的にAIによって効率化されていくでしょう。

これまでの10年の進化が、2〜3年で進むくらいのインパクトがあるのではないかと、そんな気さえします。
こうなってくると、所謂シンギュラリティって2040年とか45年とか言われてましたけど、もうあと数年で来るんじゃないかと…。

ちなみに、

シンギュラリティを簡単に説明してみて下さい

という質問をChat GPTに投げるとこんな回答がさらっと出て来ます。

シンギュラリティとは、人工知能やロボット技術が進化し、人間の知能や能力を超える段階を指す言葉です。

具体的には、人工知能が自己進化を遂げ、知能・能力が指数関数的に向上することにより、人間とは異なる新たな知的生命体が出現するとされています。
シンギュラリティについては、このような新たな知的生命体の出現によって、人類が大きな変革を迎えることになるという予測がなされています。

具体的には、疾病の克服やエネルギー問題の解決、宇宙進出など、多くの未解決課題が解決される可能性があるとされていますが、同時に、人間の存在意義や倫理観などにも大きな影響を与えることが予測されています。

ただし、シンギュラリティがいつ起こるのか、また、具体的にどのような形で訪れるのかは、現在の科学技術の進展についても不確定要素が多く、明確な予測は難しいとされています。

この先の世界はもう誰にも予測不可能という感じで、色々と危機感を感じている今日この頃です。
このまま行けば確実に、AIがAIを開発する未来がやってきそうな気がしています。

私はテクノロジー大好き人間なので、すでにAIを結構業務にも使い始めてますが、実はAIについてはちょっとネガティブな印象を抱いているのも事実です。

これは昨日、AIで作成したイラストです。
すでにAIでこんなことも出来ちゃうんですね。

AIと人類の未来について、みなさんはどう思うでしょうか?
最後に、Youtubeで見つけた「人類がシンギュラリティを迎えたらどうなるか?」というテーマのマンガ動画を見つけたので、紹介しておきます。

【漫画】人類がシンギュラリティを迎えたらどうなるのか?


2022鹿苑山 漢陽寺⑥

2022年12月03日


2022鹿苑山 漢陽寺⑤

2022年12月03日


2022鹿苑山 漢陽寺④

2022年12月03日


2022鹿苑山 漢陽寺③

2022年12月03日


2022鹿苑山 漢陽寺②

2022年12月03日


2022鹿苑山 漢陽寺①

2022年12月03日

2年振りに周南市の鹿苑山 漢陽寺に紅葉狩りに行って来ましたので、ポートフォリオとしても何枚か貼っていこうと思います。


漢陽寺の紅葉を撮りに行って来ました

2022年12月03日

ちょっと前になりますが11月の日曜に、近くを通ったついでに漢陽寺に寄って紅葉を撮ってきました。

ちょうど、いい感じに色付いてなかなか見応えがありましたよ。
本当に紅葉は観るタイミングで全然変わりますから、出会いですよね。

こちらは山門正面のところ。
今年の紅葉は例年より色付きが良いようでした。

山門くぐって右角の小道を通ったところにちょっとした庭があるのですが、ここも結構綺麗でしたよ。

本堂正面です。
鮮やかな紅葉を配置して撮ってみました。

蓬莱山池庭の景観です。
鎌倉時代様式の庭園なのだそうです。

 

その他、いくつか貼り付けて行きます。

紅葉の黄色からオレンジ、赤のグラデーションは本当に美しいですね。


漢陽寺は、そこかしこに絵になる風景があって、敷地的にはそれほど大きくないですが、結構見応えがあっておすすめの紅葉スポットですよ。



島田川の桜

2022年04月28日

明日からゴールデンウィークですね。

天気も良さそうなので、なるべく外に出かけたいなという感じです。

さて、ちょっと日が経ってしまいましたが、4月7日に光市に打合せに行った際、帰りに島田川沿いにちょうど見頃の桜は美しかったので、持っていた一眼で撮影してきたので貼っておきます。

ここは菜の花も沢山植えられていて、桜とのコラボレーションが実に華やかです。

桜と菜の花と青空の共演ですね。

今年の桜は本当に一斉に咲いた感じで、例年にも増して春爛漫な気持ちにさせられましたね。

一斉に咲いて、あっという間に散っていきましたが、しっかりと記憶に焼き付いた今年の桜でした。
島田川沿いは遊歩道になっているので、桜スポットとして本当におすすめ出来ますよ。